concept

「ブリーダー」 ・・・犬を飼おうと思う人が最初間違いなくといってもいいほど耳にする言葉です。

「ブリーダー」 には2種類あり、特定犬種のみを扱う専門ブリーダー、多犬種を扱う 多犬種ブリーダー です。

飼う犬が決まっている人は専門ブリーダーからの購入の方がいいでしょう。

しかし 「繁殖者=ブリーダー」 という曖昧な表現から、世間一般でいう悪徳ブリーダーのような人たちでさえ一言でいえば「ブリーダー」という枠の中に納まってしまう・・・というのが現状です。

そのようなブリーダーから飼った犬は、先天性の病気がある・近親相姦・幼犬時の栄養不足などにより

 「長生きできない」「1ヶ月で死んでしまった」 等という話もよくある話です。

悪徳ブリーダーの被害にあわないようにするにはどうしたらいいのか?答えは簡単です。

専門ブリーダーから飼うことです。

悪徳ブリーダーは楽にお金を稼ぐ方法を考えています。

楽にお金を稼ぎたい人が流行にのらずに特定犬種のみを扱っていては楽には稼げないですよね。

このような理由から専門ブリーダーからの購入をお勧めするわけです。

要するにちゃんとした専門ブリーダーを見つけることが出来れば、ペットショップよりもいい状態の犬を、ペットショップよりも安く飼うことが出来、さらにはその犬種特有の出やすい病気等が発症した場合のアフターも万全なのです。

先の文でもお話いたしましたが、ちゃんとした専門のブリーダーから飼うほうがペットショップから飼うよりも間違いなく安いのです。

これは理論上当然のことといえるでしょう。

魚でも野菜でも仲介する人が少ない方が安くなりますよね?

農家では1玉50円のキャベツが・・・スーパーだと198円!!

同じ物なのに2倍も3倍も出して買うなんてもったいないですよね。

同じことがペットショップでも行われているのです。

それもスーパーなどよりもさらに高いレートだったらなおさらのことです。

では、良いブリーダーはどうやって見分けるのか?

・・・結論から言いますとネット上で見つけるのはまず 無理 です!

「はぁ?」と思っている方もいらっしゃると思いますが、本当にいいブリーダーなのかどうかというのはやっぱりちゃんと話しあい、飼育環境を見てみなくては分からないものなのです。

ネット上では、「格安!」「*****ヶ月補償」「アフター万全」等ありますが、

格安でも質が悪かったり、*****ヶ月補償しなくてはならないような犬だったり、

アフターも本当に万全なのか分かりません。

では実際、どのようなブリーダーがよいのか!?

飼い主・自分たちよりも仔犬の事を考えてくれるブリーダーです。

ブリーダーにとって仔犬は、子供ですからお金に変えることより 一生涯大切に!が最優先なのです。

極端なことをいえば、とても大切にしてくださる方には 無料 で譲っても良いくらいです。

(現実にはそうはいきませんが・・・)

本当にいいブリーダーは金に物を言わせただけでは犬は売りません。

どんな悩みでも一緒に悩み解決できるように努め、いつ連絡しても迅速に対応してくれる。

これは文章のままですが、上のように本当に犬の事を考えてくれるブリーダーなら間違いなくこれはやってくれます。

ブリーダーは親なのですから、子供の悩みを解決してあげるのは当然なのです。

最後に一言、必ず親犬を見せてもらいましょう!!!